リニューアル新ショップはこちら!

      

初心者の方へ


本体を選ぶ


電子たばこの本体は大きく分けて3つあります。
自分に合った本体を探してみてください。


① ボックス型

大きめのサイズでバッテリー容量が多く、
長時間楽しめるのがこのタイプです。
また、出力数などの細かい調節もできるので、
自分好みにカスタマイズしたい方にピッタリです。


② ペン型

小型でシンプルな操作性ながらも本格的な味わいを楽しめ、初心者から上級者まで扱いやすいペン型。
タンクとバッテリーが一体になっているものが多く、
面倒な手入れが不要な点も魅力の一つです。


③ スティック型

サイズ感が紙巻きたばこに似ており、機能性こそ劣るもののコンパクトで携帯性の高いタイプです。
サブ(二台目)としてスティック型を持ち運ぶ人も多くいます。




リキッドを選ぶ




リキッドを選ぶにあたって重要な要素は2つ。
① フレーバー
② ニコチン濃度

【フレーバーについて】

これは完全にお好みによりますので
各リキッドの商品詳細に記載された店長レビューが参考になります。

【ニコチン濃度について】

喫煙者の方が電子タバコに移行する場合、
リキッドがニコチン入りが否かで満足度に大きく影響します。

※タールと混同しないようご注意ください。
※ニコチンは発がん性物質ではありません。
※電子タバコ以外の用途に使用しないでください。


・(0mg)   =0mg/1ml  (ニコチンなし)
・(ex low)   =6mg/1ml  (紙巻きタバコのニコチン0.15mg相当)
・(low)   =11mg/1ml (0.3mg相当)
・(middle)  =18mg/1ml (0.6mg相当)
・(High)   =24mg/1ml (0.9mg相当)
・(ex high) =36mg/1ml (1.4mg相当)



タバコの煙には様々な物質が含まれますが
その中でも"吸い応え"や"のどごし"に欠かせないのがニコチンです。
ニコチンには依存性こそあるものの、タールと違い発がん性はありません。
また、肺を黒くドロドロにするのもタールでありニコチンではありません。
タバコが不健康と言われる所以はニコチンではなくタールにあるのです。
ただ、ニコチンに依存性があるため同時にタールも摂取してしまう。
悪玉はタールでありニコチンではないのです。

但し、ニコチンは毒劇物でもあります。
吸引している分には大丈夫ですが、溶液として直接飲み下すと大変危険です。
目安として、乳幼児ではニコチン量で10~20mg(タバコ0.5~1本分)成人は40~60mg(2~3本)で急性中毒に達する(急性致死量)ので、ご購入者様以外の手に触れないよう、ご購入者様の責任において管理していただくことが重要です。

タバコの吸い殻を空き缶に入れておいて子供が誤飲し中毒死する事件も発生しておりますので十分ご注意ください。

当店では、ニコチン入り製品において発生したいかなる不利益においても責任を負いかねますのでご了承ください。




電子タバコの仕組み






基本的に
・バッテリー(電源)

・アトマイザー(噴霧器)

・カートリッジ(吸い口兼リキッド保持)

の3ピース構成であることが多いです。



カートリッジからアトマイザーにリキッドが供給され、
バッテリーの電力でアトマイザーに熱を持たせてリキッドをミスト化。
そのミストを吸引するのが電子タバコです。


① 世界最新モデル

これまで②がメインだった電子タバコのシステムを革新的に進化させたのが①「タンクシステム」。

綿が不要になったことで使いやすさが格段に向上し、リキッドの容量もアップしました。

これまで②タイプの「510」や「eGo」を使っていたユーザーも、
同機種名で「-T」が付いているアトマイザーとタンクカートリッジさえ入手すればタンクシステムを楽しめます。


② 従来のモデル

タンクではなく綿に馴染ませることでリキッドを保持するタイプ。
タンクシステムが登場して旧式化したように思えるが未だ根強い人気があります。
より良い綿の代替品を自分で探したりとマニアの間では改造等で最も盛り上がった世代です。
例えば、雑味のない味わいに定評のあるSMOORE401や、
ビジュアルが個性的なV3stickなど、②タイプのファンは健在。


③ ②の爆煙化から誕生したセッティング

リキッドをカートリッジで保持するのではなく
吸い口の穴から直接アトマイザーに点滴するという手法です。

②においてアトマイザーの爆煙化(低抵抗"LR"仕様)が進んだことで
リキッドの消費量やアトマイザーの発熱が激しくなり
カートリッジの綿ではリキッドの供給や熱耐性に課題が出てきました。
そのため、「直接チャージでいっちゃえ」と誕生したワイルドなセッティングです。

リキッドの保持はアトマイザー内部のみとなるため
頻繁に少量(2~3滴ずつ)のリキッドチャージが必要です。


④ カートリッジとアトマイザーを合体させたもの

②の仕様のカートリッジとアトマイザーを合体させたもの。
基本的に使い捨て前提なので単価は安く設定されています。
コンビニなどで売っている使い捨て電子タバコの多くはこれにあたるものです。
| ホーム |

ログイン・新規会員登録

お問い合わせ

商品検索

カートの中身

カテゴリから選ぶ

PayPalについて

営業日

Copyright c 2005 電子たばこjp. all rights reserved.